FC2ブログ
パピヨン ブリ-ダ- 『ハッピ-ベル ドリ-ム』 ブログ
パピヨン ブリ-ダ- 「ハッピ-ベル ドリ-ム ケンネル」 と 仔犬達の成長、巣立った子の 近況報告など
「膝蓋骨脱臼」について♪
今日は、“パピヨン”に多い「 膝蓋骨脱臼」 についてです♪ (^^)

膝蓋骨脱臼は、すべての犬種で発生します。
一般的に「小型犬は内側」「大型犬は外側」に見られることが多いです。

パピヨン・ピンシャー・ポメラニアン・ヨーキー・トイプードル・チワワなどに多く見られます。

原因と症状」して
膝蓋骨脱臼は「先天性」と「後天性」に分けられます。

先天性」の場合は、
初めて歩き出した時から後ろ足に異常がみられます。
お渡しまでの生後2ヶ月までには、明らかに症状がでてきます。
大腿骨の構造上の異常によるものです。

先天性の子は、繁殖できません。

オーナーの皆様には、仔犬のお渡しまでに動画をお送りさせて頂いておりますので
その時点でも確認できます。

後天性」の場合は、
障害によるものから起きます。
主としては1歳未満に無理な走りにより、膝蓋骨の内側や外側に加わった圧力により脱臼します。
仔犬の頃は骨も柔らかい為に、気がつくのが遅い場合は外れたまま骨が削れてしまいます。
直進で走っている場合は少ないのですが、急な方向転換などが原因になり外れます。

またフローリングで走る事も厳禁です。
氷の上を走っているのと同じ様に膝に無理な圧力が掛かります。

高い位置からの転落・打撲・そして栄養障害も原因の一つです。


予防」として、
仔犬のうちは遊んでいるときに目を離さないで下さいね。
ほとんどが遊んでいるときに脱臼しますが、脱臼した場合は 『キャーン』 と泣いて動かずに
ジッーとしています。

そして一晩過ぎますと痛みも和らいて歩きますので、治ったと錯覚してしまいます。

1歳未満で走らせる時は特に注意が必要です!
しっかり歩かせ、膝の周りの筋肉をしっかりつけることにより脱臼予防になりますので
仔犬時は、走らせる事よりも歩かせる事を重点にして下さいね。


万が一、外れてしまった時は抱いて足首を外側に90度捻り真っ直ぐに伸ばすと元に治まる場合があります。

コピー ~ DSC_0030
*モデルは 「大介君」 です。

または、上半身を持って両足を真っ直ぐにして立たせるだけでも元に治まる場合があります。

コピー ~ DSC_0029
*モデルは 「大介君」 です。


いずれの場合も、次の日に 「動物病院」 にて診察して頂いて下さい。

早期に治療を行なえば悲観する事はありません。

気がつかず長時間そのままにしていると戻りにくくなります。
そして膝の関節が変形してしまいます。

当方では、獣医師会に加入している獣医師の診断で、保障のある子をお渡ししていますが
末永く、愛犬と暮らして頂く為にも、お渡し時に説明させて頂いています。
*診察は “獣医師会” に加入している動物病院” での診察を受けて下さい。

忙しくても、仔犬時は目を離さず見守ってあげて頂きたいと思います。
それが “ワンちゃん” に対する一番の愛情と思っております。 (^^)





にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ 
応援宜しくお願いします。

この記事に対するコメント

脱臼のお話は本当に参考になりました。

実は先住犬のごんが15歳にして今まで平気だったベットの上から飛び降りて股関節脱臼になりました

かなり酷いもので、レントゲンでは全く違う場所に関節が映っていました。スジが切れている可能性が高く、その場合はすぐにまた外れるので手術をするという治療方針で、関節を治めて頂きました。

2度に分けてレントゲンを取りながら少しずつもとの場所に戻していただきましたが、奇跡的に筋が切れていることは無く

先生からお電話で指示を受けながら療養しましたが、その日の晩からおしっこには立ち、3日後にはトイレ以外でも家の中を歩く姿が見受けられ、1週間後には先生を蹴飛ばすと言った具合でした。

以後階段の上り下り高い所へ登るようなことは一切させておりません。

階段には目印の仕切りが真ん中だけに置いてありますが、以後勝手に上り下りすることはありませんので、かなり堪えたようです。

先日伺った膝関節のはめ方など いざとなったら出来るかどうかは分りませんが、ハッピーベルさんにお尋ねすれば教えていただけるのと、このようなお医者さんが身近にいらっしゃるので安心してパピちゃんと暮らせます。♪

本当に有難うございました。
【2008/11/04 09:21】 URL | 大介ママ #- [ 編集]


このお話を読んでドキッとすることがv-404

2週間前ぐらいに、ちょっと目を離して戻ってきたときに海がうずくまっていて『海どうした?』と声をかけたらキャンキャンと鳴いて足を痛そうにしていました。確かぬいぐるみで遊んでいたはずなのに・・・。と焦りましたが5分もしないうちにケロッと何事も無かったように歩いていました。その後もなんともないみたいなのですが・・・。
今月中旬にフィラリアのお薬をもらいに行ってくるので見てもらおうと思っています。

家の中でもにぎやかに走り回ってることが多いので1歳になるまでは特に注意しますね。

大介ママさんのお話を見てもとても怖い病気だと思います。やはり健康第一ですよね。


ハッピーベルさんのお話はとても勉強になりました。ありがとうございます。
【2008/11/04 19:30】 URL | 海mama #- [ 編集]


確かにパピヨンって 行動が大胆ですから(笑)
ピョ~ンって ソファーの上から 飛び降りたりしますものね。
予防接種とかに行った際に そういう診察もお願いした方が
いいんですね~。

こうして お勉強会して頂けて 本当に嬉しいです!!
ハッピーベルさん ありがとうございます。

今年は葉加瀬さんコンサート行けませんでした~残念です!
娘のお誕生日と重なりましたので やはり 優先順位は・・・・ハハハ。
ですから 今週木曜に 別のコンサートに出かけてきます!!
めろママさんも いらしてたんですね!

いっつも ハッピーベルさんは すごい席で羨ましいです!
そういえば・・・。 ファンクラブ会員更新したっけな????(笑)
【2008/11/04 20:55】 URL | かいまま #- [ 編集]

大介ママさん こんにちは~♪

ごんちゃん、大事無くて良かったですね。
これも迅速に対応されたご家族と、獣医師のお蔭ですね。
立派な先生だと思います。

先日もお話いたしましたが、ビックリするような先生もみえますので
病院選びは、愛犬たちの健康管理には重要な事です。 

うちもプリウスが尋常でないジャンプ力ですので、
最近は、写真撮り以外のソファー乗り厳禁です。
普段は何ともなくても、いつ怪我をするか分かりませんからね。

プリウスがジャンプすると、
エミーがプリウスの体を押え「ガウ」(飛ぶな!)と言っています(笑)
【2008/11/05 08:37】 URL | ハッピーベルまま #MqMc/geM [ 編集]

海ママさん こんにちは~♪

海君、ちょっと心配です。

出来れば、すぐ病院に行く事をお奨めします。

外れた時点では痛いので「キャン!」といった後 ジッとしていますが、
その後、自分で元に戻す子もいます。
でも、外れていても帳じり合わせて歩く子もいます。(これが怖い)
一見、何ともなく見えてしまいますが まず診察されるといいですよ。
ずっと外れたままになってしまいますからね。
 
宜しくお願いします。

【2008/11/05 08:55】 URL | ハッピーベルまま #MqMc/geM [ 編集]

かいままさん こんにちは~♪

病院は、ワクチン・狂犬病 後は調子が悪い時に行きますが、
前もって、気をつけて生活する事などは
聞かないと教えてくれませんからね。

知っていると知らないでは、イザという時に大きな差がでます。
仔犬達とオーナー様の楽しい生活のために、少しでもお力に成れればと思います。

ごんたまちゃんのお誕生日だったのですねv-384
もちろん、ごんたまちゃんのお祝いの方が大切ですよv-290

いつも良い席を引いてくれるのは、お友達ですv-291
袖の下は・・・ないですよ(笑)
【2008/11/05 09:08】 URL | ハッピーベルまま #MqMc/geM [ 編集]


ハッピーベルままさん、こんばんはv-280

早速明日病院に海を連れて行くことにしますね。それにここ最近日に日に体を掻く頻度が増えてきたような気がしていたのですが、今夜は明らかに体を頻繁に掻いているので心配で心配でv-409 でも皮膚もなんともなっていないし蚤などもいる様子がないのですが・・・。

足も皮膚もなんともないことを祈っています。
【2008/11/05 22:37】 URL | 海mama #- [ 編集]

海ママさん こんにちは~♪

ワンちゃんは、どこか異常があっても話す事ができないですから、
おかしいと思ったら、すぐ病院に行かれる方が良いですね。

お散歩の時に草むらに入るのは 出来るかぎり止めた方が良いですよ。
草の先にダニが待っている事もあります。
もし、入ってしまった時は コームで丁寧にブラッシングして下さいね。

シャンプーを替えると、湿疹が出来る事もあります。

何もない事を祈っています。
【2008/11/06 07:44】 URL | ハッピーベルまま #MqMc/geM [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



パピヨン時計(Tri)



プロフィール

ハッピーベル

Author:ハッピーベル
パピヨン専門ブリーダー
「ハッピーベルドリーム ケンネル」



カテゴリ



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



RSSリンクの表示



QRコード

QRコード



リンク

このブログをリンクに追加する